イスラエルでコロナの状況が安定しても国境を開かない本当の理由

連載「金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学”」

金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学”

2020/06/30 09:00

 2019年5月、イスラエルの航空会社エルアルは、テルアビブから成田に毎週直行便3便を運航させると発表しました。2020年3月に開始する予定だったフライトは、16年越しの交渉のすえに実現しました。多くのイスラエル人は興奮しました。フライトを始めることをエルアルが決めたのは、両国間の観光客の増大でした。2019年にイスラエルに旅行した日本人は約2万人。日本を訪問したイスラエル人は4万人でした。フライト開始に合わせてエルアルは、厳格なユダヤ教徒のために宗教戒律を守った料理「コーシャ」を提供するため、成田空港の中に特別なキッチンを確保するほどの気合の入れようでした。

あわせて読みたい

  • イスラエル人が飛騨高山を目指す理由とは?
    筆者の顔写真

    Nissim Otmazgin

    イスラエル人が飛騨高山を目指す理由とは?

    dot.

    3/3

    外国料理の関心高まるイスラエル “食の革命”が進行中
    筆者の顔写真

    Nissim Otmazgin

    外国料理の関心高まるイスラエル “食の革命”が進行中

    dot.

    2/19

  • イスラエルのサッカーは政治的
    筆者の顔写真

    Nissim Otmazgin

    イスラエルのサッカーは政治的

    dot.

    1/15

    イスラエルは人口の約半分が外国生まれ モロッコとイスラエルの国交正常化を考える
    筆者の顔写真

    Nissim Otmazgin

    イスラエルは人口の約半分が外国生まれ モロッコとイスラエルの国交正常化を考える

    dot.

    12/30

  • 中東の代表的な料理「フムス」のナショナリズム
    筆者の顔写真

    Nissim Otmazgin

    中東の代表的な料理「フムス」のナショナリズム

    dot.

    9/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す