糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、認知症にも影響? 血流に乗って全身にめぐる菌の正体とは

ヘルス

2020/06/19 17:00

 歯周病は歯を失う原因1位だと聞いたことがあるかもしれない。しかし、歯周病の怖さはそれだけではない。糖尿病や心筋梗塞、脳梗塞、認知症など、さまざまな病気に悪影響を及ぼすことがわかってきている。その最新情報などをまとめた学会公式本『続・日本人はこうして歯を失っていく』(朝日新聞出版)が発刊された。

あわせて読みたい

  • 糖尿病や心筋梗塞、脳梗塞、認知症…病気の犯人は歯周病による炎症だった!学会公式本第1弾の好評受け、第2弾を5月20日発売!

    糖尿病や心筋梗塞、脳梗塞、認知症…病気の犯人は歯周病による炎症だった!学会公式本第1弾の好評受け、第2弾を5月20日発売!

    5/20

    「口は万病のもと」 歯周病による「慢性炎症」が全身に悪影響を及ぼしていた!

    「口は万病のもと」 歯周病による「慢性炎症」が全身に悪影響を及ぼしていた!

    dot.

    6/11

  • なぜ「歯周病」は怖いのか? 歯の周りの骨を破壊していく病気の正体

    なぜ「歯周病」は怖いのか? 歯の周りの骨を破壊していく病気の正体

    dot.

    6/2

    歯周病が原因で心筋梗塞、狭心症、糖尿病、ED…怖い病気の「引き金」になるのはなぜ?
    筆者の顔写真

    若林健史

    歯周病が原因で心筋梗塞、狭心症、糖尿病、ED…怖い病気の「引き金」になるのはなぜ?

    週刊朝日

    2/11

  • 喫煙者が歯周病を発症するリスクは約2・8倍 再治療が必要なケースも

    喫煙者が歯周病を発症するリスクは約2・8倍 再治療が必要なケースも

    dot.

    6/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す