眠らないと生きられないのではない、起きないと生きていけないのだ <子どもの素朴な疑問に学者が本気で答えます> (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

眠らないと生きられないのではない、起きないと生きていけないのだ <子どもの素朴な疑問に学者が本気で答えます>

連載「子どもの素朴な疑問に学者が本気で答えます」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#石川幹人
大人は思いつかないような、子どもの素朴な疑問や不思議。子どもの頃から、納得できる答えが得られないままになっていること。そんな質問に、テレビやラジオなどでも活躍する明治大学教授の石川幹人(まさと)さんがお答えします。ジャンルを問わず、答えが見つからない質問をお寄せください!(https://publications.asahi.com/kodomo_gimon/)。採用された方には、本連載にて石川幹人さんが、どこまでもまじめに、おこたえします(撮影/写真部・掛祥葉子)

大人は思いつかないような、子どもの素朴な疑問や不思議。子どもの頃から、納得できる答えが得られないままになっていること。そんな質問に、テレビやラジオなどでも活躍する明治大学教授の石川幹人(まさと)さんがお答えします。ジャンルを問わず、答えが見つからない質問をお寄せください!(https://publications.asahi.com/kodomo_gimon/)。採用された方には、本連載にて石川幹人さんが、どこまでもまじめに、おこたえします(撮影/写真部・掛祥葉子)

気持ちよさそうに眠っている著者の愛猫マリリン(著者提供)

気持ちよさそうに眠っている著者の愛猫マリリン(著者提供)

気持ちよすぎて、ちょっと変な格好に…(著者提供)

気持ちよすぎて、ちょっと変な格好に…(著者提供)

「人間は進化したら何になるの?」
「どうして、“わたし”は“わたし”なの?」

 発想豊かな子どもの疑問に大学教授が本気で答える連載「子どもの疑問に学者が本気で答えます」。子どもに聞かれて答えられなかった疑問でも、幼い頃からずっと疑問に思っていることでも、何でもぜひお寄せください。明治大学教授の石川幹人さんが、答えてくれますよ。第17回の質問は「なんで眠らないと生きられないのか?」です。

【気持ちよさそうに眠っている著者の愛猫マリリンの写真はこちら】

*  *  *
【Q】なんで私たちは眠らないと生きていけないの?

【A】私たちは眠らないと生きていけないのでなく、起きないと生きていけないのです

 宿題が終わっていないのに眠くなると、「起きている必要があるのに、なぜ眠くなってしまうのか」と、イライラしますね。一方で、すぐにやるべきこともなく、ごろごろと寝ていられると、幸せな気分になるものです。

 生き物は一般に、食べ物が足りていて安全ならば寝ています。そのほうが、エネルギー消費が少なく済むので、生きていくのに効率がいいからです。

 たとえば、家ネコは1日20時間くらい寝るので、“寝子”と呼ばれるほどです。我が家のネコ「マリリン」も、食事以外の時間はほとんどグダーっと日なたぼっこしています。夜は暗くなるとひと騒ぎしますが、そのあとはまた眠ってしまいます。ネコが夜にひと騒ぎするのは、ネズミなどの夜行性の小動物を狩って食べていたころの名残です。今では「もう狩りは必要ないので、寝るか」となっているのです。

 植物に至っては、1日中寝ているようなものです。太陽の光を浴びて自分で栄養を作れるので、動きまわる必要がないのです。

 つまり、生き物は本来「寝ているもの」なのです。むしろ、「自分で栄養を作れない動物は“仕方なく”食べ物を求めて起きるようになった」とも言えます。だから食べ物が足りてくれば、眠りに落ちるわけです。あなたが、食後眠くなるのであれば、動物らしい本能に従っていることになります。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい