「しゃべり」も残せる?ワッキーが公表した中咽頭がん 最新の放射線治療の”実力”

がん

2020/06/08 13:37

 お笑いコンビ、ペナルティのワッキー(本名・脇田寧人<わきた・やすひと>)さん(47)が、公表した中咽頭(いんとう)がん。ステージ1で、外科手術はせずに放射線化学療法を受ける方針という。中咽頭がんは、咽頭部にできるがんで、口腔がんや喉頭がんなどと合わせて頭頸部がんと呼ばれる。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2020』では、頭頸部がんの治療の最新動向と放射線治療の治療成績について、専門医に取材している。その一部を紹介する。

あわせて読みたい

  • ウイルスが原因で起こる「咽頭がん」も! 専門医に聞いた最新動向

    ウイルスが原因で起こる「咽頭がん」も! 専門医に聞いた最新動向

    dot.

    10/16

    声のかれで見つかる「のどぼとけ」のがん 治療で声を失うか否かの基準は?

    声のかれで見つかる「のどぼとけ」のがん 治療で声を失うか否かの基準は?

    dot.

    10/20

  • 切らずに治す「がん放射線治療」の進化 高精度照射で手術に負けない成績が可能に!

    切らずに治す「がん放射線治療」の進化 高精度照射で手術に負けない成績が可能に!

    dot.

    4/1

    名横綱・輪島さんを襲った咽頭がん 最新治療ではノーベル賞で話題「オプジーボ」も

    名横綱・輪島さんを襲った咽頭がん 最新治療ではノーベル賞で話題「オプジーボ」も

    週刊朝日

    10/9

  • 胃がん大腸がんより気づきにくい! 注意したい「頭頸部がん」

    胃がん大腸がんより気づきにくい! 注意したい「頭頸部がん」

    週刊朝日

    6/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す