もう一花咲かせてくれ… くすぶる選手多い「プラチナ世代」の“寂しい現状”

2020/06/08 17:00

 日本サッカー界において過去最も有名な世代は、1979年生まれを中心とした「黄金世代」で間違いないだろう。1999年のワールドユース(現U-20W杯)で準優勝を果たしたチームには、小野伸二、高原直泰、稲本潤一、遠藤保仁、小笠原満男、中田浩二、本山雅志らが顔を揃え、その後も日本サッカー界の中心的存在として長く活躍を続けた。

あわせて読みたい

  • 日本人「大型FW」は大成しない例が多い? 過去に最も成功した選手は…

    日本人「大型FW」は大成しない例が多い? 過去に最も成功した選手は…

    dot.

    10/1

    戦力アップに成功したチームはどこだ! J1ストーブリーグ通信簿2021

    戦力アップに成功したチームはどこだ! J1ストーブリーグ通信簿2021

    dot.

    2/15

  • 「何だこの怪物は…」Jデビュー戦でファンに“衝撃”を与えた10代の選手たち

    「何だこの怪物は…」Jデビュー戦でファンに“衝撃”を与えた10代の選手たち

    dot.

    1/28

    久保、堂安、小川らが世界の舞台へ 10年ぶりのU‐20W杯、日本の勝算は?

    久保、堂安、小川らが世界の舞台へ 10年ぶりのU‐20W杯、日本の勝算は?

    dot.

    5/21

  • 世界的なスター候補の獲得も! J1ストーブリーグ通信簿2021

    世界的なスター候補の獲得も! J1ストーブリーグ通信簿2021

    dot.

    2/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す