阪神の甲子園には“ぼろ負け” 巨人の人気復活に必要なのは「魅力的な球場」? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

阪神の甲子園には“ぼろ負け” 巨人の人気復活に必要なのは「魅力的な球場」?

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.sportsdot.
巨人の本拠地・東京ドーム (c)朝日新聞社

巨人の本拠地・東京ドーム (c)朝日新聞社

 伝統の一戦『巨人vs阪神』。

 1リーグ時代も含め昨年までの対戦成績は、1074勝823敗71分と巨人が優勢だ。しかし試合の結果以上に大きな差があるのは両球団の本拠地、東京ドームと甲子園。多くの名勝負や名選手を生み出してきた2つの球場には、大きな違いがある。

【写真】「平成で最もカッコいいバッティングフォーム」はこの選手!

 甲子園は阪神のホーム球場、そして春夏の全国高校野球大会の会場に使用されている。内野が土、外野が天然芝の野球専用球場で1924年(大正13年)開場、今年で96年目を迎える歴史的建造物だ。

「聖地と言われているが、少し前まではかなり老朽化が激しかった。阪神の勝てない時期も長く、対戦カードによっては空席が目立つ年もあった。しかし、ファンのニーズを最大限に取り入れた大改修で生まれ変わった。日本が世界に誇れる素晴らしい球場です」(阪神担当記者)

 07年から『21世紀の大改修』と呼ばれた3期にわたる大改修を決行。座席数を減らしてまで観客1人1人分のスペースを広げ、スタンド下通路や球場周辺広場も充実。球場隣の室内練習場なども国内屈指のものができあがった。改修にあたり1度は切り取った、甲子園名物である球場外壁のツタも再び生え茂りつつある。かつての外観そのままに日本を代表する球場に生まれ変わった。

「全米中継されるMLB開幕戦やWBCなどは東京ドームで開催される。本国の野球ファンは、東京ドームが日本で1番良い球場だと思うはず。しかし映像に映る薄汚れたドームの天井を見ると情けなくなる。日本の球場はこんなものだ、と思われたくない」

 国際試合開催に関わっている大手広告代理店関係者は、東京ドームについて語ってくれた。

「野球場としての魅力は甲子園や神宮の方が上なのは、巨人ファンも認めている。東京ドームは天候面に左右されないメリットはあるが、長所はそこしかない。多目的ドームのためインフィールドとの距離もあり試合も見にくい」

 日本は四季があり梅雨も存在する。近年はゲリラ雷雨もあって、試合日程消化の観点からみればドーム球場は最適。実際に米国でも高温多湿で雨が多いテキサスやフロリダ、積雪の多い寒冷地のミネソタ、シアトルなどドーム球場建設が相次いだ。しかしそれも1周回り本来の魅力『野球は空の下でやるもの』という概念から、開閉屋根採用の新球場などにシフトチェンジした。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい