日本人名がつく技も存在! プロレスの「必殺技名」に込められた男たちの“生き様” (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本人名がつく技も存在! プロレスの「必殺技名」に込められた男たちの“生き様”

このエントリーをはてなブックマークに追加
山岡則夫dot.
プロレスラーの藤原喜明 (c)朝日新聞社

プロレスラーの藤原喜明 (c)朝日新聞社

 プロレスは勝敗とともに説得力が重要となる。

 タイトル戴冠歴がなくとも、心に残り続ける名選手が多いのはそのためだ。記憶に残る選手の多くは『必殺技』を備えている。それらは技自体の完成度などとともに、秀逸なネーミングにインパクトがある。

【写真】かわいすぎるレスラーとして女子プロレス界にアイドル旋風を巻き起こした選手はこちら

 日本プロレス史に欠かせない『必殺技』は、何年経っても色あせない。力道山(日本プロレス)の「空手チョップ」は袈裟斬りの要領で相手選手を叩く打撃技。名前からでもどのような技かを頭に浮かべやすい。そして日本を代表する武道を技名につけたことで、外国人選手をなぎ倒す姿が戦後復興をもイメージさせた。威力抜群の「空手チョップ」はフィニッシュ、状況打開など、力道山になくてはならない伝説的技だ。

 また同様に記憶に残りやすい技名で言えば、ジャイアント馬場(全日本ほか)の「16文キック」がある。209cmの長身を支える大きな足を突き出すキックは、世界中で知られる技となった。ちなみに馬場の本当の足のサイズは約34cmで本来なら14文だという(1文=2.4cm)。16文にした理由は諸説あるが、語呂も良くなったように感じられる。

 国内外に広く浸透しているのは「延髄斬り」も挙げられる。アントニオ猪木(新日本)が生み出したとされる一撃必殺技は、ジャンプして相手の後頭部を足の甲部分で蹴るもの。日本国外でも使用され、その際にも「エンズイギリ」と呼ばれる。「延髄斬り」はほかにも、天龍源一郎(全日本、WARほか)などの代名詞でもあった。また齋藤彰俊(ノアほか)は「スイクルデス」という名称で使用している。ちなみに猪木が選挙活動時「消費税に延髄斬り」というキャッチフレーズを掲げたことでも有名。

 ネーミングによって、同じ技が異なった表情を見せることも多い。代表的なのは、相手選手の首から胸にかけて上腕をぶつける「ラリアット(アート)」。常にトップ外国人であり続けたスタン・ハンセン(新日本、全日本ほか)の「ウエスタン・ラリアット」が最も有名だ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい