「心の花束をそっと渡して」鈴木おさむがコロナ感染拡大で伝えたいこと (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「心の花束をそっと渡して」鈴木おさむがコロナ感染拡大で伝えたいこと

連載「1970年生まれの団ジュニたちへ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木おさむdot.#新型コロナウイルス
鈴木おさむ(すずき・おさむ)/放送作家。1972年生まれ。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。パパ目線の育児記録「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中

鈴木おさむ(すずき・おさむ)/放送作家。1972年生まれ。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。パパ目線の育児記録「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中

 放送作家・鈴木おさむさんが、今を生きる同世代の方々におくる連載『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は、新型コロナウイルスの感染が拡大する中で、家族が経験した出来事について綴ります。

【16回目の結婚記念日を迎えたときの鈴木夫妻の写真はこちら】

*  *  *
 日本でのコロナ感染者は依然増えています。僕は基本、家にいます。テレワークで会議したり、書き物したり。生活は一変しました。
 
 朝8時ころ目が覚めるので、まず、映画を1本見ます。その後起きて、ゆっくり起きて来た妻と息子とご飯を食べたり遊んだり。仕事をした後に、夕方お風呂に入ったり、夜、みんなでご飯を食べたり。結婚して18年、息子を授かり5年弱。気づくと、旅行以外でこんなに家族一緒に時間を過ごしたことがない。旅行の時は目的がありますが、日常、こんなに家族でゆったり過ごすことがない。息子が生まれて1年目、仕事を結構休みましたが、あの時は笑福が生まれて1年目だったので、ゆったり過ごすという感じではなかったのです。

 コロナで不安は多いですが、逆に今まで出来なかった家族とゆったり過ごすことをかみしめながら毎日を過ごしています。

 で、報道ステーションの富川アナがコロナに感染して一緒に番組に出ていた人やスタッフも自宅にいるとのことですが。1 人かかると、近くにいた人は濃厚接触者となり、その家族も同じ不安を持つわけです。
 
 僕は森三中の黒沢(かずこ)がコロナだとわかり、妻が濃厚接触者となりました。そのあと、僕の参加するテレビ番組の会議がテレワークになりました。そして、僕がパーソナリティーを務めるラジオも、3時間の生放送、テレワーク。僕ともう1 人のパーソナリティーが、スタジオではなく、それぞれの場所でZoomを使って生放送するのです。こんなこともできるのかと驚きましたが、これも、妻が濃厚接触者となったことがきっかけだと思います。誰が悪いわけでもないのですが、やはりいろんな影響がわかりやすく出てきます。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい