再生医療で「永遠の美」や「不老不死」は実現するか? 専門医が解説

ヘルス

2020/03/15 08:00

 春が近づくにつれ紫外線量が増えてきました。紫外線は肌の老化を後押しするため、春先からの紫外線対策は欠かせません。しかし、肌を守る生活を心がけていても老化は進行していきます。それをカバーするため、化粧品や形成外科的な施術、さらには再生医療もあります。中でも、肌の再生医療について、一般の方々が誤解していることがあると感じています。

あわせて読みたい

  • 肌細胞を冷凍保存 将来は年をとっても20代のピチピチ肌を保てる!

    肌細胞を冷凍保存 将来は年をとっても20代のピチピチ肌を保てる!

    週刊朝日

    8/22

    「老けてる方が早く死ぬ」? 100歳まで生きるには見た目も大事

    「老けてる方が早く死ぬ」? 100歳まで生きるには見た目も大事

    週刊朝日

    6/23

  • iPS細胞作製成功から15年 夢の技術から「身の丈に合った規模に」

    iPS細胞作製成功から15年 夢の技術から「身の丈に合った規模に」

    週刊朝日

    2/21

    毛根再生で髪ふさふさ 再生医療革命が到来

    毛根再生で髪ふさふさ 再生医療革命が到来

    週刊朝日

    7/6

  • ALS、アルツハイマーも根治? iPS細胞が持つ「難病治療」の可能性

    ALS、アルツハイマーも根治? iPS細胞が持つ「難病治療」の可能性

    週刊朝日

    2/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す