浅田美代子、新田恵利、指原莉乃 歌がヘタなアイドルだっていいじゃないか (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

浅田美代子、新田恵利、指原莉乃 歌がヘタなアイドルだっていいじゃないか

このエントリーをはてなブックマークに追加
宝泉薫dot.
共通点は…。浅田美代子(左上)、新田恵利(右上)、指原莉乃(右下)、上原多香子 (C)朝日新聞社

共通点は…。浅田美代子(左上)、新田恵利(右上)、指原莉乃(右下)、上原多香子 (C)朝日新聞社

 1月17日放送の「ミュージックステーション」で、森七菜がデビュー曲「カエルノウタ」を披露した。ネットでは、同じ東宝芸能の先輩・斉藤由貴のデビュー当時になぞらえる声も見かけたが、個人的には同じく東宝芸能の沢口靖子の歌を思い出したりもした。

【写真】初々しすぎるアイドル時代の広末涼子

 なんにせよ「ひとりで歌うアイドル」の初々しさ、たどたどしさ、せつなさといった魅力が久々にメジャーな歌番組で味わえたのである。ソロアイドル、それもちょっと「ヘタウマ系」の歌にこそ、アイドルの真髄があると考える者として、これほどうれしいことはない。

 それゆえ、ヘタウマアイドルこそ最強ということもできるし、その伝説を振り返ることは楽しい。そこで、この文章を昨年11月に配信された「本当に歌のうまいアイドルは誰だったのか」の姉妹編、あるいは裏バージョンとして読んでいただければ幸いだ。

■「赤い風船」の浅田美代子

 まずは、73年にデビューした浅田美代子。NHKでは90年頃まで歌手にオーディションを行ない、合格しないと出演させないという基準を設けていたが、彼女はこれに4回も落ちた。一緒にオーディションを受けた石川さゆりが、彼女の歌唱力にイライラしたという話もある。

 しかし、デビュー曲はチャート1位の大ヒットを記録した。ドラマ「時間ですよ」の劇中歌でもあった「赤い風船」だ。プロデューサーの久世光彦は「現代の童謡を作りたい」と目論んだという。歌の頼りなさを逆手にとり、童謡風にしたことが図に当たったわけだ。

 久世はこの成功に味をしめ、ヘタウマアイドルを自分のドラマから次々と世に送った。そのなかには、77年デビューの岸本加世子もいる。彼女は美空ひばりに可愛がられ、その没後には「美空ひばり物語」の主役も任せられることに。ただ、当然というべきか、歌の部分は吹き替えにされてしまった。

 そんな岸本のデビュー曲「北風よ」を、83年にデビューした際、B面でカバーしたのが武田久美子だ。のちにヌード写真集でブレイクして「ミュージシャンのアルバムのように、年に1冊は出していきたい」と豪語し、それを実践したが、歌手としては2年ももたなかった。 


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい