清原和博が巨人時代に放った「人生で一番恥ずかしい本塁打」

2019/12/19 17:00

 西武、巨人などで活躍し、通算525本塁打を記録した清原和博氏が先月30日に行われた「World Tryout2019」(神宮)で監督を務めた。2016年に覚せい剤取締法違反で懲役2年6カ月、執行猶予4年の実刑判決を受け、来年6月の執行猶予明けを前にしての監督就任に、野球関係者やファンの間で賛否両論が飛び交うなか、本格的な球界復帰へ向けて第1歩を踏み出すことになった。そんな清原氏の現役時代のエピソードを改めて振り返ってみよう。

あわせて読みたい

  • 漫画のような幕切れ! 最も印象に残る「奇跡的サヨナラ弾」は?

    漫画のような幕切れ! 最も印象に残る「奇跡的サヨナラ弾」は?

    dot.

    5/21

     “死球王” 清原和博のブチ切れ伝説 「今度来たら顔ゆがめたる…」【久保田龍雄】

    “死球王” 清原和博のブチ切れ伝説 「今度来たら顔ゆがめたる…」【久保田龍雄】

    dot.

    12/7

  • 「清原さんが神様に見えた」 ミスした同僚救う“男気一打”を放った男たち

    「清原さんが神様に見えた」 ミスした同僚救う“男気一打”を放った男たち

    dot.

    9/4

    涙を成長の糧に…試合中に泣き、そして“大きくなった”プロ野球選手たち

    涙を成長の糧に…試合中に泣き、そして“大きくなった”プロ野球選手たち

    dot.

    10/9

  • 落合の“頭脳プレー”、清原の“幻MVP” オールスターで起きた記憶に残る珍事

    落合の“頭脳プレー”、清原の“幻MVP” オールスターで起きた記憶に残る珍事

    dot.

    7/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す