「ヤバい」は禁句!東大卒ママが教える子どもの思考力を鍛えるために必要なものは? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「ヤバい」は禁句!東大卒ママが教える子どもの思考力を鍛えるために必要なものは?

連載「偏差値29で東大に合格したなっちゃんの ただいま子育て猛勉強中!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
杉山奈津子dot.
杉山・奈津子(すぎやま・なつこ) 1982年、静岡県生まれ。東京大学薬学部卒業後、うつによりしばらく実家で休養。厚生労働省管轄医療財団勤務を経て、現在、講演・執筆など医療の啓発活動に努める。1児の母。著書に『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』『偏差値29でも東大に合格できた! 「捨てる」記憶術』『「うつ」と上手につきあう本 少しずつ、ゆっくりと元気になるヒント』など。ツイッターのアカウントは@suginat

杉山・奈津子(すぎやま・なつこ) 1982年、静岡県生まれ。東京大学薬学部卒業後、うつによりしばらく実家で休養。厚生労働省管轄医療財団勤務を経て、現在、講演・執筆など医療の啓発活動に努める。1児の母。著書に『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』『偏差値29でも東大に合格できた! 「捨てる」記憶術』『「うつ」と上手につきあう本 少しずつ、ゆっくりと元気になるヒント』など。ツイッターのアカウントは@suginat

好ましくない環境におかれたときも、子どもが言葉をたくさん知っていて、考えたり伝えたりする能力があれば早めに対応しやすくなる(写真はイメージです)

好ましくない環境におかれたときも、子どもが言葉をたくさん知っていて、考えたり伝えたりする能力があれば早めに対応しやすくなる(写真はイメージです)

 うつ病を克服し、偏差値29から東大に合格。ベストセラー『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』の著者・杉山奈津子さんが、今や5歳児母。日々子育てに奮闘する中で見えてきた“なっちゃん流教育論”をお届けします。

 この連載が本になりました。タイトルは『東大ママのラク&サボでも「できる子」になる育児法』です。杉山さん自身が心理カウンセラーとして学んできた学術的根拠も交えつつ語る「私の育児論」を、ぜひご覧ください。


*  *  *
「小さいうちから思考力を鍛えよう」という言葉をよく聞きます。脳は子どものときに著しい成長を遂げるので、その時期に脳の神経回路を発達させて才能を伸ばそう、というわけです。

 そこで、お母さんたちが子どもに英語を習わせたり、塾で何年か先どりした勉強をさせたりしているのをみかけますが、果たしてそれで脳は鍛えられるものでしょうか? 

■脳を成長させるには、覚えた知識を繋げて「考える」ことが大切

 小さい頃に習う英語は、文法ではなく単語を覚えるだけであって、それは単に「暗記」しているだけです。つけ加えれば、幼少期にいくら難しい英単語を覚えたって、何度も復習したり頻繁に使ったりしなければ、長期記憶に残ることなく忘れてしまうものです。

 それに、小学1年生のときに2年生で習う漢字を先どりして覚えたら、優秀なように見えますが、やはりそれも理解ではなく知識の暗記にすぎません。

 本当に脳を成長させるには、覚えた知識をつなげて「考える」ことで、神経回路を活性化させる必要があります。つまり、A、B、Cに当たる言葉を覚えたうえで、「今はAという状態なので、Bをすると、Cになるのではないか?」と、つなげていく作業です。そのためには、まず多くの日本語をしっかり教えることが重要ではないかと思います。

「思考」という行為には、「言葉」が必要不可欠です。たとえば、かつて日本にはアイデンティティーに当てはまる日本語がなく、非常に曖昧な概念でしかありませんでした。しかし、アイデンティティーが片仮名語として取り込まれ広まったことで、みんながアイデンティティーについてはっきりと意識することが可能となり、それについて考えることができるようになりました。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい