大学生の2人に1人が利用する奨学金制度 返済義務のない新しい「給付型」とは?

2019/08/18 17:00

 大学進学に際して気になるのが、お金の問題だ。4年間の学費だけで最低でも400万円程度が必要となる。景気回復の実感がないなか、注目すべきは給付型奨学金の存在だろう。返済義務がない制度を利用すれば、親子ともストレスの少ない4年間を過ごせる。好評発売中のアエラムック「就職力で選ぶ大学2020」では、まなびシード代表取締役で奨学金アドバイザーの久米忠史さんを取材した。

あわせて読みたい

  • 奨学金制度 「卒業後に県内就職」すれば約480万円が給付

    奨学金制度 「卒業後に県内就職」すれば約480万円が給付

    週刊朝日

    1/14

    大学で導入進む返済不要の奨学金 注目は入試前の「予約型」

    大学で導入進む返済不要の奨学金 注目は入試前の「予約型」

    週刊朝日

    5/19

  • 増加する「返さなくていい奨学金」 予約型でデメリット解消も

    増加する「返さなくていい奨学金」 予約型でデメリット解消も

    週刊朝日

    10/21

    返さなくてもOK! 有名私大が受験前に募集する「給付型奨学金」

    返さなくてもOK! 有名私大が受験前に募集する「給付型奨学金」

    AERA

    6/2

  • 「大学院に行きたい」と100万円借りたものの…無理な教育ローンに親が後悔したワケ

    「大学院に行きたい」と100万円借りたものの…無理な教育ローンに親が後悔したワケ

    AERA

    12/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す