ハードル上がった「クズ芸人」クロちゃん 『水ダウ』が狙う次の一手は? (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ハードル上がった「クズ芸人」クロちゃん 『水ダウ』が狙う次の一手は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤原三星dot.
モンスター・クロちゃんの勢いはどこまで続くのか?(c)朝日新聞社

モンスター・クロちゃんの勢いはどこまで続くのか?(c)朝日新聞社

「かなりパンチのあるクズエピソードの数々でしたが、本来『しくじり先生』とは講師役のゲストと何度も打ち合わせを重ね、分厚い教科書をつくっていくという下準備に定評のある番組。クロちゃんも打ち合わせを繰り返したそうですが、本番ではその打ち合わせ回数も水増しして報告。『そんなに打ち合わせはしてない』とすぐさまスタッフにバラされ、ひんしゅくを買いました。ただ、最後までクズ芸人のスタンスを崩さず数々のツッコミも跳ね返したクロちゃんはネット上で大絶賛。この“ギリギリ笑えるクズっぷり”が今の彼の人気につながっているのだと思います」(前出の放送作家)

■計算されされ尽くされたクズネタ

 たしかに、出演者からどれだけツッコまれても、ツイッター上で一般人から罵詈雑言を浴びせられても、決して心が折れないクロちゃんの強心臓は凄いの一言。そこに愛嬌が乗っかれば、最強のブレイク芸人にもなりえるのだ。その後もクロちゃんはさまざまなバラエティ番組で大活躍中。「クロちゃんを出すとネットでバズる」という評判を聞いた番組製作者からオファーが日々殺到しているという。あるバラエティ番組のプロデューサーはこう語る。

「今まではトークもたいしてできないため番組内で飛び道具的な扱われ方しかしなかったクロちゃんですが、最近では『ダウンタウンDX』でエピソードトークを披露するなど、タレントとしての幅が広がりました。本人も“クズ芸人”というキャラが仕上がったので、やりやすいんだと思います。“クズ芸人”といえば『愛人が12人もいる』で話題の2丁拳銃の小堀さんがいますが、彼の場合は生々しすぎて笑えないんです。クロちゃんはアイドルやギャルが好きだったり、お金が好きだったり、どうでもいいウソをつきまくるので“愛嬌のあるクズ”というスタンスから決して逸脱しない。実はしっかり計算していて、自分が求められているポジションをすぐさま理解できる人。だから出演依頼が殺到するんだと思います。ただし、クロちゃんが本当に輝く瞬間とは、ダマされたときに見えてくる素の表情でしょう。やはり、ひどい目にあってこそクロちゃんは輝くので、このまま普通のタレントとしてトーク番組に出続けるようであれば、クロちゃんの凋落は早いでしょうね」


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい