指導力なければ生徒に殴られても仕方ない? なぜ教師が教師を殺すのか

教育

2019/04/28 08:00

 巨大組み体操、体罰、セクハラ、ブラック部活動、都道府県別いじめ件数の格差……。「指導の一環」の名のもとに、さまざまなリスクが「消える化」する学校特有の「常識」。こうした「常識」を疑い、広く問題提起してきた気鋭の教育社会学者・内田良氏が著書『学校ハラスメント』(朝日新書)で、その「消える化」の仕組みについて考察している。

あわせて読みたい

  • 生徒から暴行されても事件化NGの風潮 鴻上尚史が斬る!

    生徒から暴行されても事件化NGの風潮 鴻上尚史が斬る!

    AERA

    12/9

    両親が告発 兵庫中2男子自殺に「指導死」の可能性

    両親が告発 兵庫中2男子自殺に「指導死」の可能性

    週刊朝日

    5/15

  • 性暴力を「ここだけの話」にしない 被害者が声を上げやすい社会をつくるために

    性暴力を「ここだけの話」にしない 被害者が声を上げやすい社会をつくるために

    AERA

    5/13

    性暴力なのに「恋愛だと思わされた」 生徒が直面した学校での「呪い」の原体験

    性暴力なのに「恋愛だと思わされた」 生徒が直面した学校での「呪い」の原体験

    AERA

    5/11

  • スクールカースト助長する教師

    スクールカースト助長する教師

    AERA

    3/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す