山下智久の英単語習得法は 超古典的な単語カードだった! (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

山下智久の英単語習得法は 超古典的な単語カードだった!

このエントリーをはてなブックマークに追加
神素子dot.
※写真はイメージ(Gettyimages)

※写真はイメージ(Gettyimages)

 昨年、ロサンゼルスにプライベートで2カ月間留学した山下智久さん。現地での経験や英語の学習法、外国人との上手な付き合い方などを、現在発売中の「AERA English 2019 Spring & Summer」(朝日新聞出版)で語った。抜粋して紹介する。

*  *  *
 前回のインタビューから1 年。その間、全編英語&中国語の映画「サイバー・ミッション」への出演、米国グラミー賞授賞式のリポート、オール英語での作詞など、山下さんの英語力は多方面で発揮されてきた。

 しかし、華やかな実績の陰にはストイックで地道な英語学習がある。2018年の春には、英語を学ぶためにロサンゼルスに2カ月間滞在した。完全なプライベートだという。

「留学とかではなく、普通に現地で暮らしただけなんです」と本人は謙遜するが、平日は語学学校に通い、伝統ある演劇スクールでもレッスンを受けた。英会話のスキルアップのために、ランチやディナーは現地の友人とテーブルを囲んだ。ときには友だちの友だちや、そのまた友だちが加わることもある。初対面の彼らは、山下さんをただの日本人の「トモ」として見る。だからこそ「Nice to meet you.は本当に大事な言葉です」と山下さんは実感したという。

「ただ、そこから先は人と人の会話ですから、日本と同じ。天気の話や、洋服をほめたり……普通ですね(笑)」

 たとえばどんな風にほめるんですか?と聞くと、「I like your glasses.とか……ほめるときにはI likeやI loveをよく使います。でも、実は人見知りなので大変なんです」と笑う。

 語学学校に通ったのは発音矯正のためだ。単語と単語のつながりをなめらかにするのが目下の課題。

「それまでの発音でも理解はしてもらえましたが、レッスンを受けたら、一発で伝わるようになりました」

 重点的にトレーニングしたのはLとRの区別だった。

「毎回先生と、舌の位置はここ、ここ、ここ!って(笑)。ゴルフだって1000回打って、ようやくヒットするスウィングが決まるものですよね。英語の発音も同じで、反復練習を繰り返すことで『これだ!』っていう舌の位置がわかるんです」


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい