生徒の半分以上が外国人やハーフの学校も… 新宿の駅伝大会から見えた日本の未来図

2019/03/20 11:30

 3月10日。東京都心とは思えない緑深い公園を、息を切らせて走る人々がいる。子どもたちや、年配の方の姿もある。ゼッケンをつけて、ゆるやかにカーブを巻く坂を登り、小高い丘の麓をぐるりとめぐって、また歯を食いしばって戻ってくる。

あわせて読みたい

  • 東京・山手線内で最も高い山「箱根山」で行われる駅伝大会とは?

    東京・山手線内で最も高い山「箱根山」で行われる駅伝大会とは?

    3/20

    新大久保で増加するベトナム料理店 実は“ヘルシーじゃない”本場の味

    新大久保で増加するベトナム料理店 実は“ヘルシーじゃない”本場の味

    AERA

    8/25

  • 外国人労働者の急増で広がるソウルフード ネパールの定番“モモ”を食す

    外国人労働者の急増で広がるソウルフード ネパールの定番“モモ”を食す

    AERA

    8/26

    新大久保は「コリアンタウン」ではなく「多国籍タウン」 街のリアルな姿を描き出す

    新大久保は「コリアンタウン」ではなく「多国籍タウン」 街のリアルな姿を描き出す

    BOOKSTAND

    1/12

  • 日本で困窮するベトナム人に手を差し伸べる NPO法人日越ともいき支援会代表、浄土宗僧侶・吉水慈豊<現代の肖像>

    日本で困窮するベトナム人に手を差し伸べる NPO法人日越ともいき支援会代表、浄土宗僧侶・吉水慈豊<現代の肖像>

    AERA

    6/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す