高校球児を守る対策は「球数制限」だけではない【西尾典文】

2019/03/05 16:00

 昨年12月22日、新潟県高校野球連盟(以下高野連)は2019年の春の県大会から投手の投球数制限を実施することを発表した。日本高野連は、この発表を受けて2月20日の理事会で審議を行い、この春からの実施については再考を申し入れることになったが、新潟県高野連は3月末まで検討を続けていく方針とのことで、新たなルール作りについて一歩前進したことは間違いないだろう。

あわせて読みたい

  • 「投球制限」米国は日本とは比較にならない厳格な規定あり

    「投球制限」米国は日本とは比較にならない厳格な規定あり

    dot.

    8/13

    甲子園の“球数制限”時代にどう向き合うか? 東尾修が一言
    筆者の顔写真

    東尾修

    甲子園の“球数制限”時代にどう向き合うか? 東尾修が一言

    週刊朝日

    8/31

  • 佐々木投手の登板回避、ダルvs.張本の論争に医師が結論 163キロが体に与える影響とは?

    佐々木投手の登板回避、ダルvs.張本の論争に医師が結論 163キロが体に与える影響とは?

    AERA

    8/6

    球児を取り巻く環境に変化が。どうなる令和の高校野球!?

    球児を取り巻く環境に変化が。どうなる令和の高校野球!?

    tenki.jp

    8/4

  • 佐々木朗希の起用でも見えた監督の“覚悟”  改善に向かうアマ球界の投手酷使

    佐々木朗希の起用でも見えた監督の“覚悟”  改善に向かうアマ球界の投手酷使

    dot.

    7/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す