「世界一、鉄道写真の撮りやすい国はスイス」 95カ国で撮影した櫻井寛がそう語る理由

アサヒカメラ

2019/01/31 17:00

 鉄道写真の楽しみ方には各国で違いがある。決められたルールも撮る側の守るべきマナーも、それぞれである。「アサヒカメラ」2月号では、世界95カ国の鉄道を撮影してきた櫻井寛さんに英国、スイス、タイの鉄道撮影事情を解説してもらった。ここではスイスでの撮影事情を紹介する。

あわせて読みたい

  • こんなにレールのギリギリでバナナを陳列して大丈夫!? タイの「オールフリー」な鉄道事情

    こんなにレールのギリギリでバナナを陳列して大丈夫!? タイの「オールフリー」な鉄道事情

    dot.

    2/1

    鉄道写真家・櫻井寛が語る世界の「撮り鉄」事情 英国は日本以上に時刻表アプリが充実!?

    鉄道写真家・櫻井寛が語る世界の「撮り鉄」事情 英国は日本以上に時刻表アプリが充実!?

    dot.

    1/30

  • 悪質な撮り鉄は「客」じゃない! 鉄道会社社長とプロの「撮り鉄」が本音で激論

    悪質な撮り鉄は「客」じゃない! 鉄道会社社長とプロの「撮り鉄」が本音で激論

    dot.

    1/22

    「こだまに乗れば写真がうまくなる!」 鉄道写真家が“鍛錬”から学んだ撮影法とは?

    「こだまに乗れば写真がうまくなる!」 鉄道写真家が“鍛錬”から学んだ撮影法とは?

    dot.

    2/26

  • 鉄道撮影お悩み相談! 京王線の撮影スポット質問に、写真家の意外すぎる回答とは?

    鉄道撮影お悩み相談! 京王線の撮影スポット質問に、写真家の意外すぎる回答とは?

    dot.

    2/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す