木梨憲武さんは「遊びの天才」とカンニング竹山が感じた理由 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

木梨憲武さんは「遊びの天才」とカンニング竹山が感じた理由

連載「言わせてもらいますけどね!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。本名は竹山隆範(たけやま・たかのり)。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ(撮影/写真部・小原雄輝)

カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。本名は竹山隆範(たけやま・たかのり)。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ(撮影/写真部・小原雄輝)

木梨憲武さん(c)朝日新聞社

木梨憲武さん(c)朝日新聞社

 2019年はほかの番組でも、そういう動きが出てくるんだろうなと思いますね。

 今年は僕も知り合いのプロデューサーとディレクターと3人でYouTubeの番組を作ってましたが、それもただ動画を作ろうってことじゃなくて、その先に何かできないかという遊びでした。結局、素材としてテレビ局に買ってもらい、dTVで配信されるという展開になりました。

 また今年もYouTubeは次の展開を準備しているので、年明けぐらいからまた動き始めるんですよね。そうやってお金はちょっと持ち出すことになりますけど、手作りでもネットとテレビを融合させていくってことをやるのが今楽しいですね。

 でもそういうことを考えたり、個人的に福島に行ったりするようになったのも、やっぱり「探偵!ナイトスクープ」で学んだことが基礎にあるんですよね。ネット社会の中で大好きなテレビとくっつけて面白いことができないかと、仲間たちと考えて動いてみているわけです。

 こうやって遊びながら、新しいことを発見していくことが、また次の時代の新しい常識を作っていくことになるんだろうと思います。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

カンニング竹山

カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。本名は竹山隆範(たけやま・たかのり)。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ。単独ライブ 「放送禁止2017」が9月21~24日、東京・品川の天王洲銀河劇場で開催(撮影/写真部・小原雄輝)

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい