広島の対抗馬は大型補強の「巨人」ではなく、投手王国の「阪神」?

2018/12/27 11:42

 丸佳浩、中島宏之、炭谷銀仁朗、ビヤヌエバ、岩隈久志…今オフは巨人の大型補強が目立つ。さらに一部のスポーツ紙報道では、新守護神候補に米国マリナーズをFAとなったライアン・クックの調査に乗り出しているという。最速155キロ右腕で2012年にアスレチックスで71試合に登板し、6勝14セーブの好成績をマークしている。

あわせて読みたい

  • 阪神・矢野、中日・与田両監督は“勝負の3年目” 手腕は「続投」に値するものか

    阪神・矢野、中日・与田両監督は“勝負の3年目” 手腕は「続投」に値するものか

    dot.

    7/1

    阪神はなぜ勝負どころで勝てるのか…矢野監督が見せた巧みな“超積極采配”

    阪神はなぜ勝負どころで勝てるのか…矢野監督が見せた巧みな“超積極采配”

    dot.

    10/8

  • 巨人より上、攻守の軸の丸佳浩が抜けた広島が来季も大本命とされる理由

    巨人より上、攻守の軸の丸佳浩が抜けた広島が来季も大本命とされる理由

    週刊朝日

    12/24

    2019年を制するのは!? どこよりも早い順位予想!!<セ・リーグ編>

    2019年を制するのは!? どこよりも早い順位予想!!<セ・リーグ編>

    dot.

    1/1

  • 3年目に花は咲くのか…中日与田、阪神矢野両監督につきまとう“不安感”

    3年目に花は咲くのか…中日与田、阪神矢野両監督につきまとう“不安感”

    dot.

    11/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す