とんねるず・木梨さんは「悩まない」石橋さんは「真面目」カンニング竹山が見た素顔 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

とんねるず・木梨さんは「悩まない」石橋さんは「真面目」カンニング竹山が見た素顔

連載「言わせてもらいますけどね!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。本名は竹山隆範(たけやま・たかのり)。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ(撮影/写真部・小原雄輝)

カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。本名は竹山隆範(たけやま・たかのり)。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ(撮影/写真部・小原雄輝)

木梨憲武さん(c)朝日新聞社

木梨憲武さん(c)朝日新聞社

 今年3月の「とんねるずのみなさんのおかげでした」終了から、とんねるずとしての活動は休止状態が続くものの、木梨憲武さん(56)は映画『いぬやしき』の主演や、ロンドン会場を皮切りに全国を回る木梨憲武展「Timing ―瞬間の光り―」、さらに10月からは朝6時から生放送のラジオ番組「木梨の会。」をスタートしている。公私ともに親交が深いお笑い芸人のカンニング竹山さんは、その姿に「助けられた」という。

【画像】「死ぬとき走馬灯のように思い出すであろう人」

*  *  *
 56歳になって新たなことにチャレンジするって、普通はあまり無いと思うんですよね。しかも、あれだけのポジションで、わざわざ朝6時からラジオをやらなくてもいいと思うんですよ。本人に直接聞いたわけじゃないからわかりませんが、もしかするとゴールデンで冠番組と言われても、内容に興味がなければそんなに心が動かないんじゃないかな。僕なんかゴールデンで自分の番組って言われたら、すぐ食いついちゃうけど、そうじゃないんですよね。あの人の感覚で、新しいね、面白いねって思ったことをやる。それがいま、朝のラジオなんだと思います。

 もともと、僕がやってるラジオ番組に憲武さんがゲストで来てくれて、それがやっぱり面白くて、そのうち特番ラジオ「のりたけやま」が始まり、今回の番組の話が進んでいったようです。そこで、時間帯の希望を聞かれた憲武さんが「俺たちの世代は朝でしょ!」って提案したらしいんですよね。朝の時間が空いてるからやりましょう、じゃないんですよ。もちろん、憲武さんは朝が早い人で、毎日4時とか5時には起きてるんだけど。

 そういう姿を見ていると、僕はポジションも何もかも違いがありすぎますけど、そうやって生きていけばいいんだなと思いますよね。大げさかもしれないけど、生きる糧みたいなものをもらったというか、47歳の僕もこの人のように生きていけば10年先の人生がもっと楽しくなるんだなと思えるんですよ。もちろん、僕はもっともっと働かないといけないけど。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい