ノーベル賞に圧倒的強さを見せる大学は!? 受賞者出身校ランキング! (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ノーベル賞に圧倒的強さを見せる大学は!? 受賞者出身校ランキング!

このエントリーをはてなブックマークに追加
小林哲夫dot.

記者会見で笑顔を見せる京大の本庶佑特別教授(c)朝日新聞社

記者会見で笑顔を見せる京大の本庶佑特別教授(c)朝日新聞社

 2018年ノーベル医学生理学賞には、京都大特別教授の本庶佑(ほんじょ・たすく)氏に贈られることが決まった。日本人が自然科学系分野でノーベル賞を受賞するのは23人目となる(米国籍を含む)。そこで、これまでのノーベル賞学者(物理学賞、化学賞、医学生理学賞)について出身校、専任教員としての所属大学について調べてみた。

【関西で医学部に強い高校はここだ!】

■ノーベル賞学者の出身大学(学部)。帝国大学など旧制を含む
(1)京都大 7人
(2)東京大 5人
(3)名古屋大 3人
1人=北海道大、東北大、埼玉大、東京工業大、山梨大、神戸大、徳島大、長崎大

■ノーベル賞学者の出身大学(大学院研究科)
(1)京都大 4人
(2)東京大 3人、名古屋大 3人
1人=北海道大、東京工業大、東京理科大、大阪市立大、徳島大

■ノーベル賞学者が専任教員の大学(助教授<現在は准教授>以上で学長を含む。特任、特命、客員の教員などは含まない)
(1)東京大 5人、京都大 5人
(3)名古屋大 3人
2人=筑波大、名城大、大阪大
1人=北海道大、弘前大、北里大、芝浦工業大、総合研究大学院大、東海大、横浜薬科大、京都工芸繊維大、京都産業大、大阪市立大、岡山理科大、倉敷芸術科学大
※東京教育大は筑波大に含めた

 学部卒、大学院研究科出身、専任教員の「3冠」の京都大。その強さの理由について、同大学総長の山極寿一氏の発言から知ることができる。

「教授を『先生』と呼ばせない。京都大学にはこんな伝統がある。指導教授から教えを受けるのではない、超えるべき存在である。学生は教授と対等に渡り合わなければいけない。教授の学説をそのまま信じてはいけない。教授の研究領域を踏み外して、新しい領域を開拓してこそ、新しい研究が生まれるからだ。」(『大学ランキング 2018』朝日新聞出版)

 名古屋大も目立っている。出身者や教員経験者など同大学に関係するノーベル賞学者は野依良治、小林誠、益川敏英、下村脩、赤崎勇、天野浩の6氏である。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい