江戸を食糧危機から救い、大坂を大洪水から守った“稀代の豪商”の謎

朝日新聞出版の本

2018/10/05 16:00

 江戸時代初期に、河村屋七兵衛(河村瑞賢)という商人がいた。新井白石をして、「天下に並ぶものがいない富商」と唸らせた男だ。明暦3(1657)年、明暦大火の材木買付で頭角を現したこの人物は、幕府から数々の大事業を命じられ、江戸という時代を縁の下から支えるインフラ構築事業に邁進していく。

あわせて読みたい

  • ニトリ会長・似鳥昭雄が作家・伊東潤に語った「経営と創作は『短所あるを喜び、長所なきを悲しめ』」

    ニトリ会長・似鳥昭雄が作家・伊東潤に語った「経営と創作は『短所あるを喜び、長所なきを悲しめ』」

    週刊朝日

    9/20

    今日が命日の紀伊国屋文左衛門 謎多きその人生とは
    筆者の顔写真

    鈴子

    今日が命日の紀伊国屋文左衛門 謎多きその人生とは

    dot.

    4/24

  • 被災地復興には現代の“川村孫兵衛”が必要?

    被災地復興には現代の“川村孫兵衛”が必要?

    週刊朝日

    3/17

    名古屋は「消毒都市」? 河村たかし市長が語る「街が魅力に欠ける理由」

    名古屋は「消毒都市」? 河村たかし市長が語る「街が魅力に欠ける理由」

    週刊朝日

    11/8

  • 北極の解氷で“航路争奪戦”が勃発 主導権を握りたい中国の思惑

    北極の解氷で“航路争奪戦”が勃発 主導権を握りたい中国の思惑

    AERA

    4/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す