岡田准一の信念 木村大作監督も認めた“本物の殺陣”とは?

朝日新聞出版の本

2018/10/03 16:00

 9月28日より公開となった岡田准一さん主演の映画『散り椿』は、昨年12月に亡くなった直木賞作家である葉室麟さん原作の時代劇だ。今回メガホンをとったのは、撮影助手時代から黒澤明監督の絶大なる信頼を得てきた木村大作監督だ。数多くの日本映画を撮ってきた名キャメラマンが、時代劇にかける思いを語った。

あわせて読みたい

  • 岡田准一×西島秀俊 木村大作監督に学んだ「美しさへのこだわり」

    岡田准一×西島秀俊 木村大作監督に学んだ「美しさへのこだわり」

    AERA

    10/5

    岡田准一が明かした“ストイックすぎる”仕事の流儀

    岡田准一が明かした“ストイックすぎる”仕事の流儀

    週刊朝日

    10/2

  • 降旗康男監督「岡田准一さんは高倉健さんに通じるものがある」

    降旗康男監督「岡田准一さんは高倉健さんに通じるものがある」

    週刊朝日

    5/17

    「映画をモノにしたのは黒澤明だけ」木村大作が明かす

    「映画をモノにしたのは黒澤明だけ」木村大作が明かす

    週刊朝日

    1/28

  • 岡田准一「いちごクリームパンが大好きで、毎日買いに行っていた」

    岡田准一「いちごクリームパンが大好きで、毎日買いに行っていた」

    週刊朝日

    5/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す