モモンガ撮影のために巣穴の木を叩き… 北海道発「待てない」写真家の哀れな行動とは

アサヒカメラ

2018/08/17 07:00

 写真愛好家の撮影マナーが問われている。人物が被写体なら肖像権などを盾に撮影を拒むこともできるが、抗弁もせず、黙々と撮影愛好家を受け入れ、自分の身を汚し、時に命を絶つのが自然界の生き物である。アサヒカメラ特別編集『写真好きのための法律&マナー』では、自然写真の撮影について特集。夏休みを生かして旅行を楽しみながら撮影も、という愛好家は多いはずだ。人気撮影地でいま、何がおきているのか。札幌市在住の写真家、山本純一さんに聞いた。

あわせて読みたい

  • “ダイヤモンド富士”の待ち時間に「スピーカーで演歌」 何百人も並びトラブル頻発?

    “ダイヤモンド富士”の待ち時間に「スピーカーで演歌」 何百人も並びトラブル頻発?

    dot.

    7/15

    野鳥撮影ではびこる悪質なマナー 観察ルールを無視して「おまえの鳥か?」とクレーム

    野鳥撮影ではびこる悪質なマナー 観察ルールを無視して「おまえの鳥か?」とクレーム

    dot.

    6/12

  • 団塊世代の写真愛好家「急増」でトラブルも増加? 山岳写真家が感じるジレンマ

    団塊世代の写真愛好家「急増」でトラブルも増加? 山岳写真家が感じるジレンマ

    dot.

    8/19

    元刑事が語る「写真愛好家」と「盗撮犯」の違いとは?

    元刑事が語る「写真愛好家」と「盗撮犯」の違いとは?

    dot.

    2/7

  • 悪質な「撮り鉄」マナー 乗務員に向かってストロボ撮影、呆れたその言い訳とは?

    悪質な「撮り鉄」マナー 乗務員に向かってストロボ撮影、呆れたその言い訳とは?

    dot.

    11/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す