小泉今日子、女優休業宣言のウラには何があるのか? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小泉今日子、女優休業宣言のウラには何があるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
坂口友香dot.

小泉今日子 (c)朝日新聞社

小泉今日子 (c)朝日新聞社

 小泉今日子(52)が6月15日に自身が所属する事務所「明後日」の公式ホームページ(HP)で、女優業を休業し、しばらくはプロデューサー業など裏方に専念することを発表した。

【写真】美しすぎるアラフィフ!「AERA」表紙を飾った小泉今日子

 「舞台の制作などプロデューサー業に力を入れ、良い作品を世に送り出したいと思っております」とし、「まもなく今秋に公演予定の舞台作品の発表も御座います。どうぞお楽しみに!今後とも株式会社明後日をよろしくお願い致します」とつづっている。

 告知を見たマスコミからの問い合わせが多かったようで、20日には独立前に決まっていた3件の仕事以外の「外部からのオファーに関しては2019年いっぱいまで全てお断りさせて頂いております。2020年以降は弊社制作のイベントや舞台などから復帰出来たらと考えております」と追記している。

「現在、HPに掲載されている文章からは『まもなく今秋に公演予定の舞台作品の発表も御座います。どうぞお楽しみに!』の文言が削除されています。この秋に公演される作品が、脚本家の坂元裕二氏が書き下ろした戯曲『またここか』で、20日の正午に情報公開されました。演出が豊原功補(52)、プロデューサーを小泉が務める二人三脚の舞台作品というわけです」(テレビ誌ライター)

 小泉と豊原が「恋愛関係にある」とそれぞれに不倫関係にあることを認めた上で強調していたのが「同じ夢を追う同志」であることだった。

「2月の不倫宣言以降も二人の関係は変わっていません。二人とも徒歩5分ぐらいのマンションに住み、事務所も同じ住所にありますからね。当然、仲よく食事にも行きますし豊原が小泉のマンションへ“帰る”こともあるようで、パートナーであることに変わりはありません」(女性誌記者)

 つまり舞台「またここか」は小泉が独立後、豊原と共に手掛ける念願の作品というわけだ。だが、「裏方の仕事はこれまでもやっていたわけですから、わざわざ“休業宣言”することもないと思うのですが……」(前出・同)という違和感も否めない。

 芸能リポーターの川内天子さんは「休業宣言した理由は二つあるのでは」という。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい