ハーフ生徒に「日本から出てけ」増えるSNSいじめ 専門家に対策を頼む学校が急増

2018/06/07 11:30

 5月、熊本の県立高校に通う女子生徒(17)が自らの命を絶った。女子生徒の遺書にはいじめをうかがわせる内容があり、写真共有アプリ「インスタグラム」が原因との声もある。また、同月には埼玉県の高校2年生の女子生徒が昨年4月に自殺した事件がツイッターでのいじめがきっかけだと県教委の第三者審議会に認定された。SNSトラブルが増える中、対策を専門家に依頼する学校が増えているという。

あわせて読みたい

  • 新しい弁護士「スクールロイヤー」とは? いじめや虐待など学校現場でおこるトラブル対応

    新しい弁護士「スクールロイヤー」とは? いじめや虐待など学校現場でおこるトラブル対応

    dot.

    7/31

    指導力なければ生徒に殴られても仕方ない? なぜ教師が教師を殺すのか

    指導力なければ生徒に殴られても仕方ない? なぜ教師が教師を殺すのか

    dot.

    4/28

  • 変わる「名門高校」 渋幕の躍進は女子の共学志向にあり?

    変わる「名門高校」 渋幕の躍進は女子の共学志向にあり?

    週刊朝日

    3/17

    体育もオンライン 公立高校間でも起きた「教育格差」

    体育もオンライン 公立高校間でも起きた「教育格差」

    週刊朝日

    6/20

  • ICT教育のネックは「石器時代教員」? 生徒は試験前にLINE活用も

    ICT教育のネックは「石器時代教員」? 生徒は試験前にLINE活用も

    AERA

    3/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す