「データ捏造」疑惑が浮上した森林環境税関連法 モリカケ追及の裏であっさり衆院通過

2018/04/23 09:26

 森友・加計問題や財務省の福田淳一事務次官によるセクハラ疑惑で国会が空転している。今国会では、裁量労働制拡大の審議で紹介されたデータが不適切だったことも発覚し、安倍晋三首相や加藤勝信厚生労働相が陳謝したこともあった。次から次へと問題が発覚し、永田町と霞が関は大混乱だ。

あわせて読みたい

  • トランプ接待外交の裏で安倍政権がひた隠す「密約」と「国有林売却法」

    トランプ接待外交の裏で安倍政権がひた隠す「密約」と「国有林売却法」

    dot.

    5/29

    2020年、豪雨災害はどこで起きるのか? 被害増加に安倍政権の“国土弱体化”政策を指摘する声も

    2020年、豪雨災害はどこで起きるのか? 被害増加に安倍政権の“国土弱体化”政策を指摘する声も

    dot.

    1/3

  • 日本の山は「安全資産」? 外国人が山林を買い漁る狙い

    日本の山は「安全資産」? 外国人が山林を買い漁る狙い

    週刊朝日

    8/4

    自然保護のために森の木を切る?!イヌワシが暮らす森の試みとは

    自然保護のために森の木を切る?!イヌワシが暮らす森の試みとは

    dot.

    7/2

  •  人口5万人の街でもバイオマス発電が“上手くいく”理由

    人口5万人の街でもバイオマス発電が“上手くいく”理由

    dot.

    10/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す