元SEALDsの諏訪原健「選挙がなくても安倍政権を終わらせる方法」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

元SEALDsの諏訪原健「選挙がなくても安倍政権を終わらせる方法」

連載「20代の処方箋」

このエントリーをはてなブックマークに追加
諏訪原健dot.#安倍政権#諏訪原健
諏訪原健(すわはら・たけし)/1992年、鹿児島県鹿屋市出身。筑波大学教育学類を経て、現在は筑波大学大学院人間総合科学研究科に在籍。専攻は教育社会学。2014年、SASPL(特定秘密保護法に反対する学生有志の会)に参加したことをきっかけに政治的な活動に関わるようになる。2015年にはSEALDsのメンバーとして活動した

諏訪原健(すわはら・たけし)/1992年、鹿児島県鹿屋市出身。筑波大学教育学類を経て、現在は筑波大学大学院人間総合科学研究科に在籍。専攻は教育社会学。2014年、SASPL(特定秘密保護法に反対する学生有志の会)に参加したことをきっかけに政治的な活動に関わるようになる。2015年にはSEALDsのメンバーとして活動した

首相官邸前で、抗議のメッセージを掲げる人たち (c)朝日新聞社

首相官邸前で、抗議のメッセージを掲げる人たち (c)朝日新聞社

 25日の自民党大会で、安倍晋三首相は「行政全般の最終的な責任は、内閣総理大臣である、この私にあります。改めて国民の皆様に深くお詫びを申し上げる次第です」と、森友学園をめぐる公文書改竄問題について謝罪した。

【写真】首相官邸前で抗議のメッセージを掲げる人たち

 一見すると真摯な言葉のように見えるが、彼が心の底から今回の問題について反省しているようには、私には思えない。「国民の皆様」に対するお詫びならば、なぜ自民党大会で述べるのだろうか。三選や改憲に向けて、党内での求心力を失わないように、とりあえず反省している姿勢を示しただけなのではないだろうか。

 結局のところ、彼にはこの社会で生きる人々のことなど見えていないのだと思う。目の前にいる自分を総裁に押し上げてくれる「身内」にどう思われるかが大切なのだ。彼の進める政治にしても同じだ。自分を支持してくれる財界のために、「上」の人々だけが儲かるアベノミクスをやり、最近では不適切なデータを根拠にして、裁量労働制までプレゼントしようとしていた。働く人々のことなど見えていない。森友学園の国有地の異常な値引きも、根っこは同じところにあるのではないかと思う。

 彼の政治は、もはやこの社会に生きる人々を代表してはいない。「私たち」のことなど頭の片隅にないのだ。自分自身も彼らの「身内」だと思い込んで、権力者たちと同化すれば、刹那的な「安心感」には浸れるかもしれない。しかしいくら彼らにすがっても、救われることなどない。何か問題があれば、籠池夫妻や、佐川宣寿前国税庁長官のように切り捨てられる。自ら死を選んだ財務省職員のように忘れ去られる。いや、そもそも顧みられることすらないのかもしれない。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい