「あの服どこ?」 母親が家族みんなの洗濯物から解放される方法とは?

出産と子育て

2018/02/02 16:00

「家事シェアなんて、とっくの昔に諦めた」「結局、わたしが全部やっちゃった方が早いし楽……」。それって、もしかして「夫」を変えようと努力しているからじゃありませんか? ひとつだけ残念なお知らせがあります。それは「夫だけ」が変わることはない、と言う事実。家事シェアの専門家、NPO法人tadaima!の三木智有さんは「手をつけるべきは服から」という。女性がすべてを引き受けてしまう仕組みを、一歩ずつ「家事シェアできる仕組み」へとシフトさせる方法とは。

あわせて読みたい

  • 年末の大掃除 「夫が家事をしない」家にはある共通点があった!

    年末の大掃除 「夫が家事をしない」家にはある共通点があった!

    dot.

    12/14

    実は中途半端? 専門家が教える「名もなき家事」のイライラ解消法

    実は中途半端? 専門家が教える「名もなき家事」のイライラ解消法

    dot.

    3/3

  • 家族にもしものときの家事は大丈夫? 専門家の「見える化のススメ」

    家族にもしものときの家事は大丈夫? 専門家の「見える化のススメ」

    AERA

    11/16

    子ども部屋が散らかって勉強しない “元凶”は学習机だった?!

    子ども部屋が散らかって勉強しない “元凶”は学習机だった?!

    dot.

    11/10

  • 「家事のできない夫」が定年後に夫婦の“リスク”? 妻も気づかない盲点とは

    「家事のできない夫」が定年後に夫婦の“リスク”? 妻も気づかない盲点とは

    dot.

    3/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す