カンニング竹山が週刊文春編集長との対談で感じた違和感

言わせてもらいますけどね!

カンニング竹山

2018/01/31 11:30

 音楽プロデューサー・小室哲哉の不倫疑惑報道をきっかけに、週刊文春への批判が集まっている。そんな中で注目されたカンニング竹山さんと同誌・新谷学編集長とのトークイベント。新谷編集長は今回の報道の意図について、「大変な介護の中で息抜きもしたくなるよなという、介護の理想と現実というものを伝えたかった」などと説明し、竹山さんと同じ芸能事務所・サンミュージックに所属するベッキーさんの不倫報道については、「(その後の社会の反応は)予想できなかった。こちらの意図するものと、伝わり方にギャップが出てきている」「かわいそうだと思った」と口にした。この対談で竹山さんが感じた違和感とは?

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す