年末年始テレビ特番の負け組は「めちゃイケ」「さんタク」、勝組はやはり… (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

年末年始テレビ特番の負け組は「めちゃイケ」「さんタク」、勝組はやはり…

連載「芸能界閻魔帳」

このエントリーをはてなブックマークに追加
三杉武dot.
「めちゃイケ」に出演しているナインティナイン (c)朝日新聞社

「めちゃイケ」に出演しているナインティナイン (c)朝日新聞社

 多くの視聴者がいつも以上にテレビに触れ合う機会が増える正月には数多くの高視聴率番組が登場した。

【写真】「ガキの使い」でセクシー全身タイツ姿を披露!体を張った美女は?

 毎年この時期の恒例となっている日テレ系の「箱根駅伝」の中継番組は、往路が29.4%、復路が29.7%と高視聴率を記録。

 スポーツとしての魅力はもちろん、各選手たちの頑張る姿や作りモノではないリアルな人間模様に感動するという視聴者も多く、年配層のウケが良いのはもちろん世代を問わないコンテンツであり、途中から視聴してもそれなりに楽しめるという点も強みだろう。

 また、特筆すべきは、3日にテレビ朝日系で放送された映画「君の名は。」の平均視聴率17.4%だ。

 大ヒットアニメ映画の地上波初放送ということを加味しても、録画視聴を選択する視聴者も多く想定される中でのこの数字は驚異的とも言える。

 人気アニメ映画の強さは、これまで日テレ系で放送された一連の「スタジオジブリ」作品を見ても明らかで、今に始まったことではないが、改めてその強さを示した格好だ。

 バラエティー番組では正月の恒例番組となっている、テレ朝系の「芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2018お正月スペシャル」が、10%台後半の高視聴率を記録して根強い人気を示した。

 人気タレントを投入し、正月ならではの“お祭り感”を煽る一方で、企画力でも視聴者を魅了した。

 正月番組特有の“お祭り感”という意味ではテレビ朝日系「夢対決2018とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」も、多くの人気アスリートの参戦もあり、平均視聴率13.6%を記録した。

 冠番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)が3月で終了することが決定するなど、昨今は何かとネガティブな話題の多い「とんねるず」にとっては久々に明るいニュースだろう。

 若手時代は反骨精神を武器に人気を集めた「とんねるず」も、実績や年齢を重ねて芸能界の大物になってしまった結果、後輩芸能人とのカラミが自然と増えて、その態度や発言が偉そうに見られてしまいがちで、ある種のやりにくさも感じさせているが、芸能界の“枠外”にいる人気プロスポーツ選手との相性はかなり良いように感じる。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい