鳩山元首相が沖縄で新たにアジア麺ロード構想「麺で平和を打つ」

2018/01/02 07:00

「最低でも県外」──。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設問題で、鳩山由紀夫元首相が2009年の政権奪取前から語っていたこの公約が実現されることはなかった。当時、首相の一挙手一投足が外交と内政に混乱を生み、鳩山政権は約9カ月で崩壊。鳩山さんは12年の総選挙に出馬せず、政界を引退した。

あわせて読みたい

  • 鳩山幸、森元首相に「腹黒いから」と言っても怒られなかった

    鳩山幸、森元首相に「腹黒いから」と言っても怒られなかった

    週刊朝日

    2/27

    なぜ民主党政権はうまくいかなかったのか? 戦後70年、“自立国家”への遠い道のり

    なぜ民主党政権はうまくいかなかったのか? 戦後70年、“自立国家”への遠い道のり

    ダイヤモンド・オンライン

    8/17

  • 鳩山母の遺言 「兄弟仲良く」と最後に念押し

    鳩山母の遺言 「兄弟仲良く」と最後に念押し

    週刊朝日

    2/19

    鳩山由紀夫元首相「わたし以上に地元では『宇宙人』だった」と妻を語る

    鳩山由紀夫元首相「わたし以上に地元では『宇宙人』だった」と妻を語る

    週刊朝日

    2/27

  • 辺野古見直しは米国に明確なメリット示せば可能 日米政権末期の今、長島昭久議員×屋良朝博議員が語る

    辺野古見直しは米国に明確なメリット示せば可能 日米政権末期の今、長島昭久議員×屋良朝博議員が語る

    AERA

    8/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す