営業赤字のフジテレビ コンテンツ制作では“底力” 実は映画部門は… (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

営業赤字のフジテレビ コンテンツ制作では“底力” 実は映画部門は…

このエントリーをはてなブックマークに追加
今市新之助dot.
意地を見せたフジテレビ (c)朝日新聞社

意地を見せたフジテレビ (c)朝日新聞社

 テレビ業界の“凋落の象徴”とされているのがフジテレビだろう。2017年4~9月期決算では、ホールディングスの中核事業であるフジテレビジョンがキー局の中で唯一、営業赤字となった。「めちゃ×2イケてるッ!」や「とんねるずのみなさんのおかげでした」といった長寿番組も来春に終了することもあり、世間の厳しい目にさらされている。

 しかし、業界関係者の見方はいささか異なるようだ。2017年を振り返ると、実は邦画界ではフジテレビの映画部門がヒットを生み出しているからだ。

「『踊る大捜査線 THE MOVIE』などの映画シリーズが大ヒットしたフジテレビは、2000年代半ば頃から、映画の制作に力をいれてきました。昨今の邦画では、テレビ局が映画の『製作委員会』に入り制作や宣伝を担うケースが主流となっていますが、こうした流れを作ったのもフジテレビです」(民放ドラマ制作スタッフ)

 ざっと調べてみると、3月公開の『ひるなかの流星』(13億円)をはじめ、主演の菅田将暉ほかイケメンたちが活躍する『帝一の國』(4月公開/19億円)、上戸彩主演の『昼顔』(6月公開/23億円)、是枝裕和が監督、福山雅治主演という強力タッグの『三度目の殺人』(9月公開/14億円)、今最も数字を取ると言われる新垣結衣が主演の『ミックス。』も14億円を突破している。

「今年は2016年に比べると話題作に乏しく“邦画の凋落”とさえいわれていましたが、フジテレビはコンスタントに数字を出しています。どれも、大ヒットというほどの数字ではないですが、オリジナル作品やテレビドラマから独立した、オリジナル作品も制作しています」(映画雑誌の編集者)



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい