イケメン、美人声優が芸能界で商品価値が高まる理由とは? (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

イケメン、美人声優が芸能界で商品価値が高まる理由とは?

連載「芸能界閻魔帳」

このエントリーをはてなブックマークに追加
三杉武dot.
声優の水樹奈々さん (c)朝日新聞社

声優の水樹奈々さん (c)朝日新聞社

 娯楽の多様化やインターネットの普及などによりCD売上や版権ビジネスといった既存のビジネスモデルが低迷し、元気のない昨今の芸能界において、盛り上がりを見せているのが声優関連ビジネスだ。

 人気声優の中には、自身の楽曲をリリースしたり、ライブを行ったりと「声優アーティスト」として本格的に音楽活動を展開する者もおり、アイドルさながらにグラビアで活躍したり、写真集を発売したりする"イケメン声優"や"美人声優"もいる。

 声優が音楽活動やタレント活動などを行うのは、何も目新しいことではない。
90年代には、人気声優の林原めぐみが歌手活動でも成功を収めており、その後も本業の枠を超えてマルチな活躍を見せる声優は多数存在していた。

 だがその一方で、芸能界において声優ビジネスがこれほどまでの盛り上がりを見せたことはマレという。

 アニメ誌の編集者は明かす。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい