AERA dot.

異端の男女コンビ「にゃんこスター」に取材依頼が殺到するワケ

連載「道理で笑える ラリー遠田」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#ラリー遠田

にゃんこスターは、メイプル超合金のようになれるか (c)朝日新聞社

にゃんこスターは、メイプル超合金のようになれるか (c)朝日新聞社

『キングオブコント2017』(TBS系)で準優勝した男女コンビ・にゃんこスターの勢いが止まらない。独創的な縄跳びのコントで視聴者に衝撃を与え、賛否両論の大反響を巻き起こした。

 その後、スポーツ紙の取材で2人が交際中であることが明かされると、そのこと自体が新たに注目の的になった。男女コンビで付き合っているというのが珍しいケースだったからだ。すでに彼らのもとには出演依頼が殺到しているそうで、これから年末にかけてさらなる飛躍が期待されている。

 男女コンビのあり方は時代によって変わる。かつてのお笑い界では、男女コンビというと夫婦や元夫婦による「夫婦漫才」が一般的なスタイルだった。鳳啓助・京唄子、正司敏江・玲児、宮川大助・花子などがその典型である。

 多くの場合、女性の方が口が達者で、男性がそれにやり込められる形で漫才が進められていた。女性の社会的な地位が低い時代だったからこそ、舞台の上で女性側が権力的に振る舞うことが現実離れした爽快感とおかしさを生んでいたのだろう。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

   ラリー遠田 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加