AERA dot.

香川真司、新生ドルトムントで輝くための「自己改革」

このエントリーをはてなブックマークに追加
山口裕平dot.

強い決意を持って戦うドルトムントの香川真司(写真:getty Images)

強い決意を持って戦うドルトムントの香川真司(写真:getty Images)

 自分がチームの中心に――そんな強い決意を持って、香川真司は新シーズンを迎えた。

「ピッチに入ったら自分が中心にならないといけないし、それを意識してやらないと。チームに合わせていたら、また中途半端な結果に終わると思っているので。それは自分が経験したものですから」

 トーマス・トゥヘル前監督の下でプレーした2シーズンは、香川にとって自らの活きる道を模索した日々だった。 ピエールエメリック・オバメヤン、 マルコ・ ロイス、 ヘンリク・ムヒタリアン。2シーズン目はムヒタリアンに代わってウスマン・デンベレ。チームの武器は圧倒的なスピードを持ったアタッカー陣だった。トゥヘル政権下のドルトムントはボールを保持する試合が多かったものの、結局のところ試合を決めるのは彼らのスピードを活かした速攻ということも少なくなかった。

 「その中でどう生きるのかを日々、感じていかないといけない」。チームの武器は前線のタレントを活かした速い攻撃にある。そんなチームで香川に求められたのは、攻撃で違いを生み出すことだが、「そこを意識しすぎている部分はあるし、ちょっとボールを受ける前や後にどうしても迷いがある」。チームの武器を強く意識してしまい、自分のプレーを見失ってしまうこともあった。

 ドルトムントのようなビッグクラブになれば、それぞれの選手が特徴を持っていて、それを発揮している。チームに合わせ、得意でないプレーで勝負しても争いには勝てない。香川は意識を改めた。

 「僕はデンベレではないし、自分には違う良さがあるので。みんなが特徴を示しているように、僕も『自分は自分』というのを示していかないといけない」。スピードを武器とする選手がスピードで勝負しているように、自分も自分のプレーを示していかなければならない。香川のそれは、狭いエリアでボールを受けるテクニックと、そこからの打開力だった。そして彼は、実際に素晴らしいパフォーマンスを発揮してみせた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加