状況が変わらなくてもストレスが劇的に軽くなる、たった一つの方法 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

状況が変わらなくてもストレスが劇的に軽くなる、たった一つの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
自分にとって何が大切かを認識するだけでストレスは軽減する?(※イメージ写真)

自分にとって何が大切かを認識するだけでストレスは軽減する?(※イメージ写真)

 ストレスを感じやすく心が折れやすい人には、共通点があるといいます。産業カウンセラーで職場のメンタルヘルスの専門家である見波利幸さんが著書『やめる勇気――「やらねば!」をミニマムにして心を強くする21の習慣』(朝日新聞出版)の中で紹介している実際の事例を見ながら、ストレスを軽減させる方法を紹介します。

*  *  *
 職場の課長が休職することになり、復帰まで課長代理を務めることになったAさんの話です。

 Aさんにとってマネージャー職は初めての経験でした。しかも、自分の本来の仕事に加えてのマネジメント業務です。全体の進捗(しんちょく)管理をし、他のスタッフに指示を出していく仕事をなんとかこなそうとするあまり、自分の業務がおろそかになり、仕事が回らなくなってしまいました。

 Aさんが私の所に相談に来られた時は、メンタル不調になる一歩手前というところでした。仕事内容が変わったことにストレスを感じている場合は、キャリアアンカーについて深く考えることで、解決の糸口が見つかることがあります。

 キャリアアンカーとは、アメリカの組織心理学者、エドガー・H・シャインが、人がキャリアを選択する時に重視する価値観・欲求を八つのカテゴリーで示したものです。その八つとは「専門重視」「経営重視」「自立・自律重視」「安定重視」「起業・創造重視」「社会貢献重視」「チャレンジ重視」「ライフスタイル重視」。この中から、自分が仕事をするうえで大切だと思うものを3、4個選んで、優先順位をつけます。

 私はAさんにこの話をして、働き方の志向や価値観を探ってもらうことにしました。彼が選んだキャリアアンカーは、最上位が「ライフスタイル重視」で、その次に大切なのが「専門重視」でした。

 さらに、選んだカテゴリーについて具体的に吟味していくと「自分にとって家族との時間が一番大切だ」と気付いたのです。

「今は忙しくて家族と過ごす時間がほとんど取れていないんです。たまに一緒に過ごす時も仕事のことばかり考えてしまって……。そのことで家族に心配をかけているのがやっぱり一番つらいです」と話してくれました。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい