横綱・稀勢の里が奉納土俵入り! 土俵の発明に隠された意外な歴史とは?

あなたの知らない神社仏閣の世界

神社仏閣

2017/06/09 16:00

 今年3月に昇進した第72代横綱・稀勢の里関が5月4日、生まれ故郷の茨城県・鹿島神宮で奉納土俵入りを披露した。2万5000人の参拝客が集まったというから、地元の期待度の大きさがうかがい知れる。さらに6月9日には、勧進相撲発祥の地といわれている富岡八幡宮での奉納が行われた。せっかくなので、今回は富岡八幡宮を紹介したい。

あわせて読みたい

  • 富岡八幡宮の姉弟の骨肉の争い 日本刀に込められた怨念

    富岡八幡宮の姉弟の骨肉の争い 日本刀に込められた怨念

    週刊朝日

    12/11

    富岡八幡宮殺人「姉弟不仲は中学時代から」「初詣はどうなる?」と近隣住民

    富岡八幡宮殺人「姉弟不仲は中学時代から」「初詣はどうなる?」と近隣住民

    dot.

    12/8

  • 「野見宿禰」が読めなきゃ相撲女子失格!? 相撲と神社の深い関係
    筆者の顔写真

    鈴子

    「野見宿禰」が読めなきゃ相撲女子失格!? 相撲と神社の深い関係

    dot.

    5/8

    富岡八幡宮殺人 チャンバラ好きの弟が日本刀で宮司の姉の首を斬った本当の動機

    富岡八幡宮殺人 チャンバラ好きの弟が日本刀で宮司の姉の首を斬った本当の動機

    週刊朝日

    12/9

  • 「19年ぶりの日本出身新横綱」よりも価値のある稀勢の里の横綱昇進

    「19年ぶりの日本出身新横綱」よりも価値のある稀勢の里の横綱昇進

    dot.

    3/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す