元SEALDs 諏訪原健「安倍政権の前川・前事務次官への人格攻撃は卑怯」 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

元SEALDs 諏訪原健「安倍政権の前川・前事務次官への人格攻撃は卑怯」

連載「20代の処方箋」

このエントリーをはてなブックマークに追加
諏訪原健(すわはら・たけし)/1992年、鹿児島県鹿屋市出身。筑波大学教育学類を経て、現在は筑波大学大学院人間総合科学研究科に在籍。専攻は教育社会学。2014年、SASPL(特定秘密保護法に反対する学生有志の会)に参加したことをきっかけに政治的な活動に関わるようになる。2015年にはSEALDsのメンバーとして活動した

諏訪原健(すわはら・たけし)/1992年、鹿児島県鹿屋市出身。筑波大学教育学類を経て、現在は筑波大学大学院人間総合科学研究科に在籍。専攻は教育社会学。2014年、SASPL(特定秘密保護法に反対する学生有志の会)に参加したことをきっかけに政治的な活動に関わるようになる。2015年にはSEALDsのメンバーとして活動した

 官邸サイドは、前川氏の社会的な信用を失墜させれば、加計学園の疑惑はなかったことにできると考えているのかもしれない。

 しかし、前川氏がどのような人間で、どういう理由で「出会い系バー」に行ったのかなど、この際どうでもいいことだ。(そう言いつつ、僕自身もあんまりいい気はしない。前川氏の会見の動画を見てわかったことは、彼が教育行政の役割を非常に真剣に考えており、簡単に政権に左右されるような人間ではないということだった)

 この問題は、官邸と前川氏個人との戦いで決着するようなものではない。問われているのは、私たち国民に対する説明責任だ。

 ごく限られた対象だけを調査して、文書の存在は確認できなかったと言ってみたり、「政治の本質に関係ない」などとして、証人喚問などやらないことにしたりと、そんなことでは話にならない。

 政権中枢の方々へ。自らに歯向かう者を貶めるために力を尽くすくらいなら、あらゆる手段を講じて真相を明らかにしたらどうですか。

 論点をすり替えて、問題をうやむやにしようとする姿勢は、国民目線でみれば、卑怯に見えます。(諏訪原健)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

諏訪原健

諏訪原健(すわはら・たけし)/1992年、鹿児島県鹿屋市出身。筑波大学教育学類を経て、現在は筑波大学大学院人間総合科学研究科に在籍。専攻は教育社会学。2014年、SASPL(特定秘密保護法に反対する学生有志の会)に参加したことをきっかけに政治的な活動に関わるようになる。2015年にはSEALDsのメンバーとして活動した

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい