一人前になるまで10年… 精神科医に必要なものとは?

大学入試

2017/05/02 16:00

 厚生労働省によれば、精神疾患により医療機関にかかっている患者数は近年、急増しているという。内訳はうつ病や統合失調症、認知症などさまざまだ。扱う疾患が幅広い「精神科医」とは、いったいどんな仕事の内容なのか。医学部志望生向けのアエラムック『AERA Premium 医者・医学部がわかる』では「診療科別仕事図鑑」として、現役の医師に「精神科医」の仕事内容を聞いた。

あわせて読みたい

  • 眼科医冥利に尽きる… ある末期がん患者への治療

    眼科医冥利に尽きる… ある末期がん患者への治療

    dot.

    5/1

    「うつ病かも」で安易な受診は危険? 知られざる精神科医の実態

    「うつ病かも」で安易な受診は危険? 知られざる精神科医の実態

    週刊朝日

    7/19

  • うつの処方の薬が多すぎると感じたら、代替案を提案できるセカンドオピニオンへ

    うつの処方の薬が多すぎると感じたら、代替案を提案できるセカンドオピニオンへ

    AERA

    6/18

    抗うつ薬「8割の患者に無意味」? それでも処方される理由

    抗うつ薬「8割の患者に無意味」? それでも処方される理由

    AERA

    7/7

  • 46%が年収1600万円以上! 現役医師534人調査でわかった「リアル」

    46%が年収1600万円以上! 現役医師534人調査でわかった「リアル」

    dot.

    2/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す