dot.[ドット]

廃車同然…高速走る「ボロボロ」プリウスの正体に迫る!

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 )

高速道路を走るボロボロのプリウス (読者提供)

高速道路を走るボロボロのプリウス (読者提供)

「まるで廃車が走っているようでした」

 3月中旬、高速道路で車を走らせていたある男性は自分の目を疑った。隣の車線を走っていたのはプリウス。しかし、その近未来的なボディーはサビで覆われ、数十年も風雨に晒されたかのように朽ち果てていたのだ。

【「ボロボロ」プリウス、より詳細な写真はこちら】

「アフリカにでも迷い込んだのかと思いました。もしくは、場所が東北だっただけに、津波の被害にあった方が思い出の詰まった車を直して乗っているのかなとも……」

 同乗者がとっさに写真を撮り、それをニュースサイト「dot.」編集部に提供してもらったのだが、見れば見るほど不可思議な光景だ。そもそもプリウスのボディーの大部分はアルミ製。野ざらしにしてもここまで錆びることは無いはずだが……。

 よく見ると車の後部にはURLが書かれている。アクセスした先はどうやら会社のホームページ。真相を知るため、取材をしてみた。

●サビの正体は……

「はい、そのプリウスは確かに弊社の車です。私が運転していました」

 電話に出た男性の事情を伝えると、そんな回答が返ってきた。単刀直入に、なぜプリウスがサビまみれなのかを尋ねた。

「実は、あのサビはシートに印刷したものを貼り付けてあるんです。いわゆるカーラッピングというものですね」

 男性、服部純也さんが経営する会社「カラップ」は福島県郡山市にあるカーラッピングの専門店だった。カーラッピングというと、アニメやゲームのキャラクターをプリントした「痛車」が有名だが、キャラに限らず、さまざまな模様をプリントする場合もあるという。サビだらけのプリウスは会社のPRのために製作したばかりとのことだ。

 しかし、なぜせっかくの車を廃車風に加工してしまったのだろう。

「サビたボロボロのラッピングはアメリカでは『ラット・スタイル』と呼ばれ、古くから人気のある加工なのです。ラットは『どぶねずみ』という意味。本来、フォルクワーゲンやマスタングなどの旧車に施す場合が多いのですが、近未来的なイメージがあるプリウスをサビだらけにしたらシュールで面白いと思ってつくってみました」


トップにもどる dot.記事一覧



このエントリーをはてなブックマークに追加