なぜきちんと歯を磨けない人が多いのか? 歯医者さんが教える、正しいブラッシング (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

なぜきちんと歯を磨けない人が多いのか? 歯医者さんが教える、正しいブラッシング

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯ブラシ選び5つのポイント(『日本人はこうして歯を失っていく』より)

歯ブラシ選び5つのポイント(『日本人はこうして歯を失っていく』より)

歯間ブラシとデンタルフロスを併用することも大切(『日本人はこうして歯を失っていく』より)

歯間ブラシとデンタルフロスを併用することも大切(『日本人はこうして歯を失っていく』より)

【ブラッシング基礎編】
頻度:最低1日1回、ていねいに

 日本人は一般的にどのようなブラッシングをしているのでしょうか。10~60代の全国の男女1200人に調査したところ、ブラッシングの頻度は、76%の人が1日に2回以上、1回あたりの歯を磨く平均時間は1~3分でした(「歯に関する調査(2015年)」ライフメディア リサーチバンク調べ)。

 患者さんから「ブラッシングは毎食後にしたほうがいいんですよね?」と、よく聞かれます。毎食後ブラッシングができれば理想的ですが、1日3回短時間サッとやるよりも1日1回でいいからしっかり時間をかけて磨いたほうが歯周病には効果的です。

 それに日中仕事をしている場合は、朝と夜は磨けたとしても、昼食後のブラッシングは難しいものです。無理をすると続きませんから、時間に余裕がある夜寝る前などに、お風呂に浸かりながらでもいいので、ていねいにブラッシングするようにしてください。

 では、「ていねいなブラッシング」とは、どのようなブラッシングでしょうか? 実はこの「ていねい」のイメージは人によってかなり違いがあります。たとえば、3分間のブラッシングを「ていねいすぎる」と感じる人がいる一方で、「3分では短すぎて全然磨けていない」という人もいます。

 わかりやすいように「時間」で示すなら、最低約10分が目安。長いと感じるかもしれませんが、一般に歯は全部で28本ですから、1本あたり20秒ほど。1本1本をていねいに磨くには、この程度の時間は必要です。

 ただし、歯ブラシが磨くべきところにきちんと当たっていなければ、10分磨こうと20分磨こうと意味がありません。「正しく磨くこと」が大事です。

■道具選び:基本は歯ブラシ、さらに歯間ブラシなどの補助具で磨き残しを減らす

 道具の基本は歯ブラシです。道具が増えると一つひとつがおろそかになりがちです。ましてやこれまで歯ブラシですらきっちりブラッシングができていない人は、まず歯ブラシを使いこなせるようにしていきましょう。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい