歯周病セルフチェック! 簡単にわかる5つのポイント (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

歯周病セルフチェック! 簡単にわかる5つのポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯周病進行度チェック:当てはまるものにチェックしてみましょう(『日本人はこうして歯を失っていく』より)

歯周病進行度チェック:当てはまるものにチェックしてみましょう(『日本人はこうして歯を失っていく』より)

判定:星が付いている項目すべてが該当しているひとは、重症の歯周病である可能性が非常に高いです!(『日本人はこうして歯を失っていく』より)

判定:星が付いている項目すべてが該当しているひとは、重症の歯周病である可能性が非常に高いです!(『日本人はこうして歯を失っていく』より)

 歯周病は、中年以降の日本人では80%がかかっている病気です。初期は目立った症状がなく、ゆっくり進行するため、「静かな病気(サイレント・ディジーズ)」とも呼ばれ、日本人が歯を失う最も大きな原因となっています。

 しかし安心してください。歯周病は正しい知識さえあれば防ぐことができる病気なのです。それなのに、世の中には歯周病の専門家から見て、首をかしげたくなるような不正確な情報が蔓延(まんえん)しているといいます。

 そこで、歯周病の原因・治療・予防についての研究や歯科医師の教育を行っている日本歯周病学会と、日本臨床歯周病学会が全面的に協力し、歯周病に関する“正しい”知識の普及を目的とした初の書籍、『日本人はこうして歯を失っていく 専門医が教える歯周病の怖さと正しい治し方』(朝日新聞出版)を発売。本書から特別に、歯周病の簡単なセルフチェックを紹介します。

*  *  *
 歯周病の初期は外側から歯の状態を見ただけではわからないことが多く、痛みなどの自覚症状も乏しいため、発見が遅れがちになります。症状に気がついて受診したときには、すでにかなり進行していることも少なくありません。早期発見のために歯周病の症状を理解し、定期的にセルフチェックする習慣をつけましょう。

 自分でチェックする際のポイントを図表にしました。ここに挙げた症状のうち、歯肉の軽い腫れやむずがゆさ、ブラッシング時の出血などは、初期から起こりやすい症状です。進行するにつれて、口臭や口の中の粘つき、歯肉を押すと膿や血が出るといった症状が見られるようになります。

 3つ以上の項目が当てはまる人は、予防、治療のために早めに歯科医院を受診しましょう。文末に★が付いている項目がすべて当てはまった人は、すでに重度の歯周病になっている可能性があります。すぐに治療を始めてください。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい