皇族専用の“お召し列車”に乗れる方法があった! (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

皇族専用の“お召し列車”に乗れる方法があった!

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#皇室#鉄道
「お召し列車」に使われている、E655系「なごみ(和)」(提供・鵜久森裕さん)

「お召し列車」に使われている、E655系「なごみ(和)」(提供・鵜久森裕さん)

 鉄道ファンならずとも、あこがれる列車がある。それは天皇・皇后両陛下など皇族が乗車される「お召し列車」だ。

 この列車、鉄道各社が管理している。たとえば、JR東日本にはE655系「なごみ(和)」がある。これは、2007年に2代目の「お召し列車」として完成した。列車中間には、両陛下や国賓が乗る「特別車両」がある。ここには、高さ95センチ、幅220センチという大きな窓ガラスには防弾加工が施されている。

 それ以外の車両の内装は、明るい木目調で統一され、全席に電動のリクライニングシートが備えられ、タッチパネル式のモニターもある。モニターではテレビや前面展望などの映像が見ることができる。これは、東北新幹線や北陸新幹線にある最上級の車両「グランクラス」にもなく、まさにお召し列車だけの“特別仕様”だ。

 このE655系、皇室とその関係者しか乗車できないと思われているが、実は一般人でも乗ることができる。JR東日本・広報担当者はこう話す。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい