AERA dot.

ロングセラー玩具「地球ゴマ」が製造中止! 残された「生き残り」への道とは!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.

地球ゴマは生き残れるか?

地球ゴマは生き残れるか?

 「地球ゴマ」というおもちゃをご存じだろうか。ジャイロ効果を利用して、どのような角度になっても回転軸を保ったまま回り続ける科学玩具だ。発売されたのは1921年。以来、今年で実に94年になるが、その間たびたびブームを巻き起こし、1960~70年代には年間30万個もの売り上げを記録した商品として、そしてまたジャイロ効果を学ぶための科学教材として、長く愛され続けている。

 ところが先日、ネット上を驚くべき噂が駆け巡った。今年の春には、「ついに地球ゴマの製造が終了してしまう!」というのだ。そしてその噂は、2月6日付の中日新聞に掲載された記事で裏付けられた。名古屋市にある地球ゴマ製造元のタイガー商会・巣山重雄社長への取材記事によると、4月をめどに製造を終了するだけでなく、タイガー商会自体が事業を終了するのだという。これもまた時代の流れか、アナログおもちゃはもう過去の遺物なのだろうか。

「決して負債を抱えて倒産した、といった赤字経営的な問題ではありません」と、タイガー商会の技術者の一人、鳥居賢司さんがその内実を語ってくれた。記事にも書かれているように、あくまでも経営者や職人の高齢化に伴い、後継者がいなくなったしまうこと、それが理由なのだという。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧



このエントリーをはてなブックマークに追加