「最年長勝利」中日・山本昌が30年以上も現役を続けられる理由とは?

2014/09/08 17:58

 中日ドラゴンズの山本昌投手(49)が9月5日の阪神戦で球界最年長勝利をあげた。1950年に阪急ブレーブス(当時)の浜崎真二がマークした出場、登板、先発、奪三振、被安打、与四球、打席のプロ野球最年長記録も、まとめて更新した。1軍で出場した実働年数も28年に伸ばし、工藤公康(西武ほか)の29年に次ぐ単独2位とした。

あわせて読みたい

  • プロ野球31年目の中日・山本昌 記録破るの申し訳ない?

    プロ野球31年目の中日・山本昌 記録破るの申し訳ない?

    週刊朝日

    4/29

    47歳・中日の山本昌 球団に2度引退打診も断られる

    47歳・中日の山本昌 球団に2度引退打診も断られる

    AERA

    6/8

  • 山本昌「ラジコンしたいと思わない」野球への未練明かす

    山本昌「ラジコンしたいと思わない」野球への未練明かす

    週刊朝日

    11/5

    中日岩瀬、前人未到の1000試合登板へ 「ズッコケ投法」「唯一の先発勝利」…忘れがたき“鉄腕の歴史”

    中日岩瀬、前人未到の1000試合登板へ 「ズッコケ投法」「唯一の先発勝利」…忘れがたき“鉄腕の歴史”

    dot.

    9/25

  • 「統一球」で50年前に逆戻り 超「投高打低」

    「統一球」で50年前に逆戻り 超「投高打低」

    週刊朝日

    6/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す