“理想郷”はすぐそこまで来ている  新作『オーギュメント・アルカディア』を完成させた東出祐一郎さんに聞く

2013/03/08 19:53

 気鋭のシナリオライター、作家として活躍する東出祐一郎さんがこのほど、新作小説『オーギュメント・アルカディア』(朝日新聞出版)を上梓した。デジタルとリアルの境目が分からなくなった未来の都市を舞台に、デジタルの少女を守る忍者の末裔が主人公のエンターテインメント大作だ。デジタルとアナログを描くことで身体性やリアリズムを追求したという作者の狙いに文芸評論家の藤田直哉氏が迫った。

あわせて読みたい

  • ニコニコ動画とYouTubeの違いは「初音ミク」にある?

    ニコニコ動画とYouTubeの違いは「初音ミク」にある?

    BOOKSTAND

    9/25

    いよいよ本格化するトークンエコノミー 主役となるNFTがもたらす「革命」とは?

    いよいよ本格化するトークンエコノミー 主役となるNFTがもたらす「革命」とは?

    dot.

    8時間前

  • 倖田來未のバーチャルリアリティMV ロンドンのアートフェスデビュー

    倖田來未のバーチャルリアリティMV ロンドンのアートフェスデビュー

    Billboard JAPAN

    9/25

    初音ミクが銭湯に“降臨” NTTが仕掛けた意外なコラボ

    初音ミクが銭湯に“降臨” NTTが仕掛けた意外なコラボ

    週刊朝日

    5/13

  • 「加工アプリ使わないと不安…」 重症化で“ひきこもり”のリスクも

    「加工アプリ使わないと不安…」 重症化で“ひきこもり”のリスクも

    AERA

    2/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す