マッキンゼーに内定した東大生の「完璧な自己紹介」

2022/04/05 16:35

 いま、注目を集める研究会がある。わずか2年で約1000人規模へ拡大し、東大新入生の20人に1人が所属する超人気研究会に成長した、「東大金融研究会」だ。創設者は外資系ヘッジファンドに20年在籍し、超一流の投資家として活躍してきた伊藤潤一氏。東大金融研究会ではお金の不安から自由になり、真の安定を得るために「自分の頭で考える」ことを重視している。世の中に溢れる情報や他人の声に振り回されず何が正しいのかを自分で判断し、物事を本質的に理解し、論理的に思考を展開することで、自立した幸せな人生を歩むことができるからだ。本連載では、東大金融研究会の教えを1冊に凝縮した初の書籍『東大金融研究会のお金超講義』から抜粋。頭のいい人だけが知っている「お金の教養と人生戦略」を紹介する。

あわせて読みたい

  • 東大生「30万円でいくら増やせるか」投資バトル参戦 将来の夢は「資産100億円」

    東大生「30万円でいくら増やせるか」投資バトル参戦 将来の夢は「資産100億円」

    AERA

    7/3

    「東大王」3人が語る「東大に入って驚いたこと」とは?

    「東大王」3人が語る「東大に入って驚いたこと」とは?

    週刊朝日

    3/16

  • 「雑談が苦痛です」発達障害の当事者同士が語り合う 脳のクセと社会との溝をどう埋めるか

    「雑談が苦痛です」発達障害の当事者同士が語り合う 脳のクセと社会との溝をどう埋めるか

    AERA

    5/23

    【やらない人は損してる?】ふるさと納税のお金が貯まる活用法

    【やらない人は損してる?】ふるさと納税のお金が貯まる活用法

    ダイヤモンド・オンライン

    11/2

  • 落語の世界にも「東大」の存在感 一之輔が世話になった東大落語研究会OB
    筆者の顔写真

    春風亭一之輔

    落語の世界にも「東大」の存在感 一之輔が世話になった東大落語研究会OB

    週刊朝日

    3/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す